オンオフを使い分ける

自分にとってのメリットを考える

なぜこの仕事を始めたのか、つらくなった時はそれを考えて下さい。
例えば借金返済のために始めたならば、ゴール(借金返済の目途)を設定しやすいと思うので、ゴールを目指して突き進むことです。先の見えない状況では、それでも中々割り切れないかもしれません。そんな時は、ただお客様を満足させることだけを考えることです。報酬をもらっている以上、自分の感情に任せることは許されることではありません。プロとしてお客様をもてなすこと、禁止されていることはしっかりと理解して頂くこと、自分で対処しきれない場合は責任者に任せること、これらを踏まえた上で、出来る限りの仕事をしていきましょう。
命に関わる問題でなければ、自分の目的のためと割り切れば大抵のことは我慢できます。このことは、風俗店に限らずどの仕事においても言えるかもしれませんね。

この仕事を好きになること

いくら割り切っても、根本的に嫌いなことは続きません。
嫌いと思ってしまうと長続きしないので、なるべく良い面を見ることにしましょう。例えば、お客様の喜んだ顔を見るのが楽しいとか、色々な職種の人と関わることが出来るので良い経験になるとか、探してみれば色々あるものです。嫌々やっているのは、お客様は敏感に感じ取ります。どうせやるなら楽しい方がお互い気持ちよくはありませんか?
何より風俗店は給料が良いので生活も潤います。それでもぎりぎりでの生活を強いられている方も少なくないとは思いますが、自分が努力して稼いでいることは誇りに思って良いと思います。消費者金融に手を出して、借金に借金を重ねるよりかは良いのではないでしょうか。


この記事をシェアする