これから風俗店で働く人のための手引書

風俗とキャバクラの違い

キャバクラ嬢は気配り上手

キャバクラ嬢と聞くと、派手でお金がかかるイメージが強いと思います。まあ実際そうなのですが、それは悪い意味ではありません。
キャバクラに行く人は、非日常を味わいたいという人が大半だと思うので、そういう所ではナチュラルメイクより派手めなメイクの方がお客様のテンションも上がるし、懐も緩みやすいというわけです。そのメイクも持ち物も、サービスの一環として捉えているので、自然と派手めになります。
そして、場を盛り上げるためには何より気配りが重要です。いくら可愛くても、ただニコニコしているだけではそのうち飽きられます。容姿は普通でも、席に着いたお客様の情報を細かく覚えていて、お客様に合ったサービスを提供できる女の子の方が、長く楽しむことが出来ます。

意外に複雑なキャバクラ嬢の仕事

キャバクラと聞くと、ただお酒を飲ませて楽しく会話をするところというイメージが強いですが、そんなに単純な仕事ではありません。
お店に入ったらまず待機をし、席に呼ばれたらお客様に挨拶、と同時に名刺を渡します。ここで印象に残らないと次に繋がらないので、とびきりの笑顔を振りまき、良い印象を持ってもらわなければなりません。それからお客様のお酒を作るわけですが、ここでも会話は欠かせません。尋問のように根掘り葉掘り質問攻めにされたらお客様も気分が良くないと思うので、お客様が話しやすい雰囲気を作り、小さな情報からお客様の好みそうなお酒を作ると喜ばれます。更には次につなげるための指名交渉や、売り上げ向上のための延長交渉もキャバクラ嬢の仕事です。最終的には、お客様の連絡先を教えて頂き、同伴やアフター交渉も必要になります。なかなか、細やかな性格の持ち主でないと、務まらないかもしれません。


この記事をシェアする