初めての風俗店勤務!お店選びのポイントは?

これから風俗店で働く人のための手引書

その道のプロを目指して

風俗店で働いていることを公にしている方はあまりいらっしゃらないかと思います。 そこはやはり世間体というものが気になるのか、なるべく言いたくないということなのでしょうか。 風俗店で働く理由は人それぞれですが、お金を貰う以上はしっかりと風俗というものを理解してから働きましょう。

風俗とキャバクラの違い

風俗店とキャバクラは違うと認識されている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は同じくくりになります。 キャバクラは、接待飲食営業店と言われる風俗店の一種です。 ただ、勤務形態や給料体系は異なりますので、そのことについてご理解頂きたいと思います。

風俗店で働くということは

プロって何?と言われると一瞬戸惑いますが、ある特定の分野に精通し、かつ職業としている人のことを指します。
どのような職種でも、その仕事で生活をしているのであれば、ある程度のプロ意識を持って仕事をすることはとても大事なことです。具体的に言えば、与えられた仕事をするだけでなく、より高いレベルを目指して仕事をするということ、つまり、自分でその分野の勉強をして仕事の質を上げるということです。
風俗店で働くならば、来店されるお客様のご要望にお応えするだけでなく、また来たいと思わせるようなサービスを提供することを目指してください。
風俗店で働こうと考える方は、手っ取り早く稼ぎたい方や金銭トラブルに巻き込まれた又は多大な借金を抱えている方が多いと思います。しかしそこで考えて頂きたいのは、風俗店で働くということはどういうことなのか、ということです。批判的な見方をする方は少なくないと思うので、なるべく周りに知られないように細心の注意を払う必要があります。それは別に風俗店で働くことを否定しているわけではありません。そういうお店で働いていることが周りに知られれば、人によっては無料でかなりきわどいことを要求する人もいるかもしれないからです。自分の身を守る為だと考えて下さい。どういう事情があっても、世間ではそういう認識なのだということを忘れてはいけないと思います。
そして一度お店の従業員としてお客様についたら、余計なことは考えず、質の高いサービスを提供することです。それがプロとしての心構えだと思います。

オンオフを使い分ける

風俗店で働く以上、自分の持てる技術を駆使してお客様にサービスを提供することを心がけることが重要です。ソープランド以外は本番なしなので、お客様に満足して頂ける技術は非常に重要と言えます。 さらに大事なことは、私情は挟まないことです。仕事としてやる以上、割り切っていきましょう。